梅毒検査にはウインドーピリオドがあります

梅毒検査にはウインドーピリオドがあります。
これは、ウイルスに感染してから、検査にて検出されるようになる間の期間のことを指します。
感染した直後に検査をしても正確な検査判定ができないタイプの病原菌なのです。

梅毒の場合には、およそ一ヵ月くらいのウインドーピリオドが必要だと言われております。
その為、感染してから一週間くらいで検査をしても、陰性という結果が出てしまう可能性も十分にあるのです。

病院であったり保健所などで検査を受けるような場合には、必ずウインドーピリオドを過ぎているのかどうかという事を聞かれます。その為、感染したと思われるセックスをした日時はしっかりと確認しておく事が重要になりますが、いつのかわからないような場合には、そのままわからない事を伝えてください。

ただ、このウインドーピリオドの期間は一ヵ月の所もあったり、三ヶ月になっておる所もあります。どちらが正しいのかというと、それは検査をしてくれる病院によって異なりますので、必ず確認してから検査するようにしてください。

まずは、病院ではなく気軽に検査をしたいのであれば、梅毒かもと不安に思った方は自宅でセルフチェックが可能な性病検査キットを利用してみるのがおすすめです。