糖尿病網膜症の相談は西川口駅から行けるとだ眼科へ

糖尿病は生活習慣病の一種ですが、生活習慣病の多くはやっかいなことに、初期段階では自覚症状にとぼしいです。
そのため、病気であることに気づかないまま進行し、異変に気づき受診したころにはすでに深刻な状態になっていたということも珍しくありません。
糖尿病もこのような病気のひとつであり、とくにコワイのは三大合併症です。
壊疽して足を切断しなければいけなくなるなど、糖尿病に関する情報をご存知の方は多いでしょう。
糖尿病の三大合併症の中には糖尿病網膜症が含まれており、最悪の場合は深刻な事態を招くことになります。

この糖尿病網膜症は、国内で中途失明を起こす原因となるものとしてトップのほうにランクインしています。
視力が落ちていることを自覚するころには、相当に進行している状態であることが多いです。
視力低下をきたしている段階では、治療を受けたとしても良くなる可能性が低くなってしまいます。
自覚症状が出てくる前に網膜レーザー光凝固などの処置をほどこす必要があり、糖尿病の方は定期的に眼科で眼底検査を受けなければいけません。
埼玉県戸田市中町、西川口駅から向かえるとだ眼科では、糖尿病性網膜症の相談にも対応しています。