個人客との接点を逃さないファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーという肩書きを目にする機会は多いですね。
保険の勧誘をしている外交員の名刺には、横にさりげなく書かれている事があります。
また、不動産業者の名刺でも、宅建と共に書かれていることが多いです。
本業とは別に、それだけ金融の相談を受ける機会が多いからでしょう。
相談に応えるだけのメリットがあるのではありません。
両者とも客との繋がりが仕事をする上で欠かせないため、他の人に相談されてしまうと、客を逃すことになってしまうからです。
客との接点を多くするためなのです。
だから、他の資格と併せて取得する人が多く、人気があります。
ファイナンシャルプランナーは、保険・年金・税金・不動産といった金にまつわる様々な分野のアドバイスをします。
対象分野は多岐に亘りますが、決して身構える必要はありません。
国家資格であるFP3級であるなら、取得はそう難しくはなく、一定レベルの講習を受け過去問を解くことによって、取得できるでしょう。
そして、更に2級を取得している人が多いです。
先の保険外交員や不動産業者の社員は大概二級を持っているものです。
3級を名乗っている人は見かけたことがありません。
早めに2級を目指しているのでしょう。
2級は言うまでもなく3級より難易度が高いですが、多くの人にとって難しいことはないでしょう。
過去問を見る限りにおいて、金融雑誌を読む習慣のある人なら難易度はそう高くはありません。
ですが、日頃からそうした情報に触れていないのであるならば、聞きなれない専門用語に当たります。
「定期建物賃貸借契約」が学科試験に出てくるのですが、分かるでしょうか。
やはり、そうした不明な点を明らかにするために、過去問を解く前にある程度の講習を受ける必要があるのです。
そうでなければ効率が悪すぎます。
一定のレベルをクリアしている講座を受講したほうがいいでしょう。宅建(宅地建物取引主任者)講座|資格スクール 大栄(DAIEI)