安田隆夫先生に歌を習う楽しさ

私は今、習い事をしています。
年末によくいろいろな場所で開催されている、「第九」の合唱団に入ったのです。
団員は皆アマチュアでして、音楽に関しては素人集団なのですが、先生が素晴らしいのです。
音大出身のプロの声楽家の先生に指導を受けられるのが魅力です。
中でも主任指導者である、安田隆夫先生には大変お世話になっています。
先生は自らもオペラ歌手としてステージにも立たれるほかに、音大の教授もしていらっしゃいます。
そして、音大生でもない素人の私たちに、非常に分かりやすい指導をしてくださるのです。
第九というのはいわずとしれたベートーベンの楽曲ですが、歌詞はシラーという詩人によるもので、歌詞はドイツ語なのです。
安田隆夫先生はドイツ語などまったく初めての私たちに、発音の仕方や歌として歌ったときにいかにドイツ語らしく聞こえるかといったことを含めて発声の指導をしてくださいます。
分かりやすい喩えや、声の響かせ方など、音楽を専門に勉強したことのない私たちにも大変理解しやすいのです。
安田隆夫先生のようなプロに指導を受けられるだけでもとても楽しく充実したレッスンです。