弔電に必要とされるマナーについて

突然大切な方や会社関係でお付き合いしている方が亡くなってしまった場合には、弔電を打つことになります。
弔電を打つ側としてもとてもいたたまれない事態ではあるのですが、心を落ち着けて冷静な文面で弔電を打ちたいものです。
弔電は人の死に直面している場面で必要とされるものですから、それなりにマナーを考えて文面を綴る必要があります。
あまりにそのシチュエーションからかけ離れた文面にしてしまうと常識を疑われますので注意してください。
ある程度常識的な文面を心がけると同時に、弔電のマナーとして人の死を直接的に綴ることはやめるようにしましょう。
また、不幸が重なることを連想させるような言葉に関しても、決して使わないようにしてください。