マンションの大規模修繕ならば専門家の力を借りる

マンションというのは何十年もたつと老朽化で壊れたり、耐震補強などをするために大規模修繕が必要です。
そのために自治会や管理組合では長期計画をするのですが、より円滑に計画を進めるために専門家、つまりマンション管理士などの外部コンサルタントの力を借りるといいです。
マンション管理士などのコンサルタントはいくつものあい規模修繕に関わっているので、必要な工事、無駄な工事を見極めることが出来ます。
ですから予算ギリギリではなくそれよりも少なく工事ができるかもしれないのです。
それに管理会社や自治会、理事会の中には予算を把握している少数の人間で談合して、自分たちの利益にしようとすることもあるのです。
しかし、マンションは少数ではなくそこに住むすべての住民のものです。
透明性の高い大規模修繕をするためにも、コンサルタントによる監視の目は必要です。